偏頭痛に悩むなら赤ワインより白ワインを飲もう!

偏頭痛の時控えるべき食品とは

偏頭痛の症状を和らげたい時には、食生活にも気を遣う事が大切です。

私達が、日常生活でよく口にしている食べ物や飲み物によって、偏頭痛は助長されたり、症状を緩和できたりするのです。

偏頭痛の時に食べると、更に痛みが悪化してしまうという食品には、熟成チーズなどが挙げられます。

チーズにもたくさん種類があり、チーズ好きな方も多いのではないでしょうか?

チーズはワインともよく合いますし、お料理にも使いやすく、それだけでおつまみとして食べるのにも最適な食品です。

そのため、チーズ好きな方にとって、チーズを控えなければいけないのは寂しいかもしれませんが、チーズの種類の中でも、「フレッシュチーズ」であれば問題ないようです。

マスカルポーネチーズやモッツァレラチーズ、ゴルゴンゾーラチーズなどは避けた方がいいでしょう。

また、甘い糖分なども控えた方がいいです。お菓子が好きな方も多いと思いますが、甘いものを摂取する時は、お菓子ではなく、果物などで代用して満たしていくといいでしょう。

偏頭痛には赤ワインよりも白ワインがいい

ワイン好きな方は、とても多いですよね。

特に女性は、イタリアンレストランでお食事を楽しむのが好きな方も多く、イタリアンには欠かせない美味しいワインを、必ずお食事と一緒に飲まれるという方も多いのではないのでしょうか?

ワインは、白ワインであれ、、赤ワインであれ、色もとてもおしゃれですし、更に華やかな食事の場面を演出してくれるお酒です。

ワイン好きな方の中で、もしも偏頭痛にお悩みの方がいましたら、偏頭痛の時には、赤ワインより白ワインを積極的に飲むようにしましょう。

赤ワインが大好きだという方にとって、赤ワインを控えなければいけないのは、ちょっと残念ですが、赤ワインに含まれている「チラシン」という成分が、偏頭痛にとって良くない成分となるので、あまりすすめられないのです。

白ワインには、チラシンが含まれていないので、偏頭痛の時に摂取しても、何も問題はないのです。

コメントを残す




Menu

HOME

 TOP