偏頭痛は雨の日に起こりやすい

頭痛の種類について

頭痛にもいくつかの種類があります。血管が拡張してしまう事で起こる頭痛や、目の使い過ぎ、頭の使い過ぎで起こる緊張型頭痛があります。

この緊張型頭痛では、脳の筋肉も緊張してしまっており、神経が収縮してしまうのです。

また、血管が縮小してしまる、「血管縮小型頭痛」と呼ばれるものもありますが、これは、いわゆる「偏頭痛」と呼ばれるものです。

このような頭痛は、雨の日に起きやすいと言われており、ホルモンバランスの関係から、特に女性に多いと言われています。

雨の日には偏頭痛になりやすい

偏頭痛である「血管縮小型」は、雨の日に特に起きやすいと言えます。

脳の大部分が水分です。

雨の日には、低気圧になっていきますが、ほぼ水分でできている脳も、この気圧によってかなり影響を受けてしまうのです。

雨の日に気圧が下がってしまう事で、脳のバランスも乱れ、偏頭痛が起きやすくなってしまうのです。

脳には、自律神経という神経も通っていますが、この自律神経が乱されてしまう事で、ホルモンバランスも乱れていきます。

この自律神経は、偏頭痛にも関わっているものなのです。

偏頭痛を引き起こすのには、脳内の自律神経も大きく関わっているのです。

雨の日には、この自律神経のバランスも崩れてしまうため、偏頭痛にも影響してしまうのです。

コメントを残す




Menu

HOME

 TOP