偏頭痛の時は激しい運動は控える

偏頭痛の特徴とは

皆さんは、偏頭痛になった事はありますか?

体質的に、偏頭痛になりやすい人も多いですし、大人になってから、偏頭痛をよく患うようになったという方も多いです。

偏頭痛は癖になってしまうものなので、これが慢性的に続いてしまったり、持病のようになってしまった方もいます。

偏頭痛持ちだからと諦めて割り切っている方も多いようです。

偏頭痛は、24~72時間続く事があり、頭部にかけて痛みを伴います。

人によっては、吐き気や手足にしびれも付随して発生する事があり、寝込んでしまうくらいの方もいます。

軽度のものと重度のものがあり、軽度であれば、生活には特に支障はなく、短時間で症状がおさまるという方もいます。薬さえ飲めば一日快適に過ごせるという方もいます。

偏頭痛の種類にも色々あり、前兆のある偏頭痛と前兆が全くない偏頭痛もあります。

突然ピタッと偏頭痛が止まるという例もあり、個人差が大きいものなのです。

偏頭痛と運動の関係

偏頭痛が生じた時には、できるだけ運動は避けた方がいいでしょう。

運動をする事で、偏頭痛の症状が更にひどくなるという恐れが考えられる他、場合によると、眩暈なども発生してしまう恐れがあるので、とても危険なのです。

偏頭痛の時には、安静にしている事が一番だと言えます。

仕事や勉強をしなくてはいけない方も、一時的に頭を休め、安静にしておくと、そのうち治っていきます。

人によっては、偏頭痛で仕事をお休みする方もいるくらい、偏頭痛の程度によっては、ひどいものもあるので、決して侮れない症状なのです。

偏頭痛の時におすすめの運動

もしも偏頭痛の時にも運動をする場合には、無酸素運動ではなく、有酸素運動に限って行う事をおすすめします。

有酸素運動とは、時間をかけて行う事で、体に酸素が取り込まれ、とても良い効能が得られるというものなのです。

有酸素運動の尾代表例には、ジョギングや水泳、ヨガなどが入ります。

無酸素運動とは、短時間に思いっきり筋肉を使う運動で、乳酸などの徒労物質が蓄積されやすいので、病気などを悪化させてしまう可能性があるのです。

無酸素運動の代表例には、筋肉トレーニングや短距離走などが挙げられます。

コメントを残す




Menu

HOME

 TOP